硫黄島からの手紙を見て

2011-08-13

昨日「硫黄島からの手紙」が放送されました。

今月1日に、新藤議員、佐藤議員、そして稲田朋美議員の韓国訪問を忘れることはありません。
入国拒否となり、そのまま強制帰国となりましたが、「竹島」の領有権問題を広く海外に配信出来たことは大変大きな成果だったと、私のような無知な国民にも理解できました。

映画に「栗林閣下」として登場なさる栗林大将は、新藤議員のおじい様にあたります。
1日に韓国に向かわれた新藤議員の、羽田での厳しい表情を思い出します。

昨日栗林大将役の、渡辺謙さんの顔を見ているうちにそれが重なり、涙が止まらなくなりました。


d0252916_1533025.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2011-08-13 15:07 | 日本の技術や伝統文化
<< 韓国人「他人の領土より揺れてる... きょうの国会中継速報 菅総理が... >>