日本文学研究、「死ぬまで」=ドナルド・キーン氏が平泉訪問—大震災6カ月


2011年9月11日


日本文学研究の大家、ドナルド・キーン米コロンビア大学名誉教授(89)が11日、世界遺産登録された岩手県平泉町の中尊寺を5年ぶりに訪れた。

約200人の観光客を前にした本堂での講演会で、「世界遺産に登録されたことを誰よりも喜んだ」と感慨深そうに語った。

キーン氏は、東日本大震災の被害に心を痛め、日本国籍を取得して永住することを決意。

1日に来日し、震災半年の節目に初めて被災地に入った。

講演では、「平凡でもいい。死ぬまで日本文学の勉強を続ける」と、さらに日本との絆を深めたい考えを示した。  [時事通信社]


今月1日に来日した「ドナルド・キーン氏」
日本文学研究の第一人者として知られるドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(89)が2011年9月1日、日本国籍を取って永住するために来日した。
共同通信によるとキーン氏はインタビューで「日本からは多くを受け取った。私は日本で死ぬ」と語ったという。
成田空港に着いたキーン氏は、知人から花束を受け取って「大変うれしい」と喜び、松島など東北地方の被災地も訪れてみたいと語った。 [共同通信]


d0252916_8291842.jpg

「岩手県 北上展勝地のしだれ桜」

来年は被災地に春が来ますように。桜が満開となりますように。

高画質壁紙写真集無料壁紙


「私は日本で死ぬ」  この言葉とお気持ちに恥じない日本人でありたいです。
[PR]
by mamimami77772 | 2011-09-12 08:32 | 日本の技術や伝統文化
<< 台湾に届けたい感謝の気持ち 若... 日本中小企業向けの工業団地設置... >>