歌舞伎の隈取について


隈取(くまどり)とは、歌舞伎独特の化粧法のことである。

d0252916_22452719.gif

d0252916_22463664.gif



市川團十郎 (初代)が、坂田金時 の息子である英雄坂田金平役の初舞台で紅と墨を用いて化粧したことが始まりと言われる。
中国古典劇の京劇にも瞼譜(れんぷ)と呼ばれる独特の隈取があり、両者には色彩によって個性を強調するなど共通点が多い。


顔の血管や筋肉を誇張するために描かれたもので、役柄により、施される隈取や色が異なる。


最も荒々しい紅色の太くはっきりした「筋隈」やそれよりは大人しいが力強い「一本隈」は、共に若く正義感にあふれた英雄に用い、一つの劇で場面によって使い分けることもある
同じ紅色系統でも水も滴るような美男子には下瞼に沿って紅を塗る「むきみ」を用いる


大体の型はあるものの、隈取は役者が自分で書き入れるものなので一人一人形が違う。 歌舞伎のファンの中には楽屋に絹本を持ち込んで、役者に隈取を写し取ってもらってコレクションする人もいる。


歌舞伎の「隈取」は人間の顔かたちを想定したものなので基本的には人間にしか用いない(義経千本桜に登場する源九郎狐の「火炎隈」などもあるが動物の隈取というより神秘的な力を現す隈取)が、京劇の「瞼譜」 は有名な孫悟空の隈取をはじめ動物役を想定した隈取が何種類も存在する。

以上、wikipediaを引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%88%E5%8F%96

そこで、説明よりもまずは誰でもがご存じの代表的隈取を載せてみました。


「新富座 こども歌舞伎 節分祭奉納公演で演じられた寿式三番叟も、歌舞伎ではこの隈取の化粧が施される事になります」
d0252916_21551357.gif



「弁慶の隈取」
d0252916_21591568.gif


暫らく、助六などは、日本人なら誰でもが名前を聞いたことくらいはありますが、いざその化粧の違いは、と言われて答えることができるのは、よほどの歌舞伎ファンでしょうね。
「暫らく」 
d0252916_2232352.gif

「助六」 
d0252916_2241759.gif



基本的な知識としては
紅隈は善、勇敢若々しさをあらわします。
藍隈、墨隈、代赭隈(茶)は、陰気な凄みや邪悪さをあらわし、役者によってアレンジされることもあります。また同じ役でも、場面での感情の変化によって、隈取が変わることもあります。
役者は真っ暗闇でも隈をとることが出来ると言われています。


こども歌舞伎の写真を載せることで、今まで特に興味をもって調べることも無かった「歌舞伎の隈取」の芸術性にちょっとだけ触れる機会を持てました。


d0252916_22164970.gif

[PR]
by mamimami77772 | 2012-02-07 21:49 | 日本の技術や伝統文化
<< アメリカ(ニュージャージー州)... 新富座 こども歌舞伎(続き) >>