ノーベル賞は「日本」と言う国が受賞した(山中教授)

2012年10月8日


<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成

d0252916_22124992.jpg



d0252916_7463696.jpg



日本に久々の明るいニュースです。

山中教授の会見では「日本のおかげで受賞で来ました。日の丸のおかげで受賞が出来ました。 」と研究費を国から受けている事への、感謝の言葉を繰り返しておられました。

母が80歳を越していますが、母に受賞を伝えられることがうれしいです。」ともおっしゃり、我々国民は日本人受賞の喜びと共に、山中教授の会見でどれ程感激し、感動したことでしょうか。

高校生に向けての講演では「失敗しなければ駄目だ。9回失敗してやっと1回成功出来る」ともおっしゃり、ご自分は「山中ではなくて邪魔中と呼ばれた手術の下手な研修医だった。他の研修医の何倍も時間がかかった。」と研修医時代をご自分で語っておられました。

研究者のほとんどが地味な研究を日々重ね、日の目を見ないまま数十年も、いつ結果が出るかも分からない地道な研究を続けている研究者には、山中教授の会見はどれ程励みになったことでしょうか。

山中教授のお人柄もノーベル賞に相応しく、大変清々しくて感動いたしました。


*********************************************

「本当の貢献、これから」:時事通信

iPS細胞の開発でノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大教授山中伸弥さん(50)は午後8時から京大で記者会見し、「iPS細胞は新しい技術。仕事は終わっておらず、本当の医学への貢献をこれから実現させなければいけない」と笑顔で決意を語った。

<中略>

また国の研究費支援に感謝し、「私は無名の研究者だった。国の支援がなければ受賞できなかった。日本という国が受賞した」と話した。

以下、全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000083-jij-soci

*****************************************

山中教授インタビュー :毎日JP  

再録・時代を駆ける:山中伸弥/1 研究はマラソンに似て
(2011年9月21日、2012年10月08日掲載)


◇SHINYA YAMANAKA

あらゆる細胞に変化する「万能細胞」が、マウスの皮膚細胞にわずか4種類の遺伝子を入れるだけでできた。

06年の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の登場は世界を驚嘆させた。

開発した山中伸弥さん(49)は、昨春新設された京都大iPS細胞研究所の所長として、約200人を率い、研究の最前線を走る。

《この5年で、ラスカー、ガードナー国際、京都、ウルフ各賞など、ノーベル賞登竜門とされる科学賞を総なめにした》

●普通なら、出て間もない成果は選ばれない賞ばかり。異例の評価ですが、僕自身ではなく技術そのものに対する評価だと思っています。その後、がーんと進んだことも大きい。研究の進展は、07年にヒトでのiPS細胞作成を発表したときの予想をはるかに上回ります。

《超多忙である。分刻みのスケジュールをこなし、毎月1度は海外へ》

●確かに忙しいと言えば忙しいですけど、数年前に比べると支援体制はものすごく充実しているので、昔みたいに毎晩ほとんど寝ないみたいなことはあまりない。

ま、時々はありますけど、一応ベッドには入っていますので、肉体的には随分楽です。ただ、研究所の運営や、今年度も30億円近くの税金で支援していただいているので、その成果をどうやって出していくかとか、精神的な負担は今の方がありますね。

《趣味はスポーツ。日課のランニングは最もほっとする時間という》

●昼休みに鴨川沿いを約30分、寝不足でも二日酔いでも。10月には約20年ぶりにフルマラソンを走ります。

研究はマラソンに似ています。フルは4、5回走っていますが(過去にやった)柔道やラグビーとはちょっと違いました。
勝ち負けだけじゃない。
今私たちがやっている研究は海外の超一流大学との競争になっています。

●研究で負けるというのは論文発表で先を越されることなんですが、たとえそうなっても、あきらめず最後まで走り抜き、きちっと論文や特許を出していく。研究者にはそういう使命があります。

1962年9月4日、大阪市生まれ。神戸大医学部卒、大阪市立大大学院修了。整形外科医から研究者に転身。京都大教授・iPS細胞研究所長(写真は京都市左京区の同研究所オープンラボで)
[PR]
by mamimami77772 | 2012-10-08 22:19 | 日本の技術や伝統文化
<< 社団法人「日中友好協会」こそが... 悲しくも美しく変身する「真央」ちゃん >>