カテゴリ:日本の技術や伝統文化( 69 )

「明治日本の産業革命遺産」世界遺産へ 今夏に正式決定

2015年5月8日(金)



軍艦島は平成21年、閉山から35年ぶりに上陸可能となりました。
d0252916_20141360.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%AF%E5%B3%B6_(%E9%95%B7%E5%B4%8E%E7%9C%8C)


d0252916_9282279.png
http://www.gunkanjima-tour.jp/gunkanjima/about.html



連休中の5月4日、「明治日本の産業革命遺産」が、イコモスから世界文化遺産登録の勧告を受けました。 

今回ユネスコに登録を予定されている「明治日本の産業革命遺産」の中で特に、軍艦島(正式名端島:はしま)が話題となっています。
建物の老朽化が進んでいる軍艦島が世界遺産に登録されることは、かつてこの地で働き、日本の産業発展に大きく貢献し、共に支えたご家族にとっても格別な思いがあるのではないでしょうか。
家族と共に暮らした島が、廃墟のイメージから世界遺産へと大きく変わるのですから。

なお拙ブログでは2013年9月18日、日本政府の素早い仕事振りをご紹介させて頂きました。
【仕事が早い安倍政権】世界遺産に軍艦島などを推薦する日本政府方針
http://kawaiimog.exblog.jp/19674939/

以下は軍艦島の関連サイトです。
昔の写真 まだ人が住んでいた頃の軍艦島 当時の写真 http://matome.naver.jp/odai/2138397239881040101



一昨年、対馬、壱岐、五島列島を初めて旅行した時のことです。
長崎港で五島行きのジェットフォイルを待っていると、軍艦島ツアーの窓口を見つけました。
いつか必ず軍艦島へ行こうとその時思い、この写真を撮っておきました。
九州商船の軍艦島クルーズ 受付窓口
d0252916_22291221.jpg


d0252916_22293519.jpg


当初は対馬に旅行するのが目的でしたが、何か月待っても対馬単独のツアーは催行に至らず、待ちくたびれて[対馬・壱岐・五島列島の離島ツアー]に参加することになりました。
この3泊4日の旅行代金は12万円~14万円と割高です。離島旅行がなぜ人気がないか、これも理由の一つだと思いました。

軍艦島が世界遺産に登録されることで、旅行会社が離島に目を向けてくれるとうれしいですね。離島ツアーをもっと安い価格で発売すれば、離島ブームが起こるかもしれませんよ。


全国の中高の修学旅行担当の先生方は、「明治日本の産業革命遺産」を是非候補地に推薦してください。
そして修学旅行が単なる観光旅行で終わることがないように、生徒さんたちの心に何か大切なものが残る修学旅行になるように、よろしくお願いします。

海外旅行も良いけれど、修学旅行は国内回帰へ!



以下、朝日新聞から転載=========================

「明治日本の産業革命遺産」世界遺産へ 今夏に正式決定
(2015/05/04)

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に、福岡など九州の5県と山口、岩手、静岡の計8県に広がる「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が、名称を一部変更した上で、登録される見通しとなった。ユネスコの諮問機関が「登録」を勧告した。6月28日からドイツのボンで開かれる世界遺産委員会で最終的に決まる。

フランス・パリの世界遺産センターが4日、文化遺産の候補を事前審査する諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告内容を日本政府に伝えた。イコモスは「登録」「情報照会」「登録延期」「不登録」の4段階で評価する。

「産業革命遺産」は、19世紀末~20世紀初頭に、製鉄や造船、石炭産業の重工業分野に西洋の技術を移転して、日本が近代産業国家になったことを示しているとして、日本政府がユネスコに推薦した。「軍艦島」として知られる端島(はしま)炭坑(長崎市)など23資産で構成。広域の複数の資産を一括する「シリアルノミネーション」という手法で推薦された。三菱長崎造船所(同)のジャイアント・カンチレバークレーンなど現在も現役で使われている施設もある。稼働中の施設が国内から世界文化遺産に登録されれば初めてとなる。
朝日新聞 デジタルニュース


 大迫力の軍艦島パノラマ写真 http://www.asahi.com/panorama/150214gunkanjima/

 号外 軍艦島 世界遺産へ http://www.asahi.com/extra/articles/SDI201505043652.html 
d0252916_21543346.jpg
(こちらの記事と画像は全て朝日新聞さんからお借りしました。)



日本ってやっぱり素晴らしい。
対馬・椎根の石屋根 石屋根の家は日本では対馬だけです。
現在も倉庫として活躍中。
d0252916_9411338.jpg


黒川紀章氏の国内遺作となった壱岐・一支国博物館(近代的博物館)から原の辻遺跡を眺める。
d0252916_1016221.jpg

窓のスクリーンが上がると、目の前に広がる原の辻遺跡。
原の辻遺跡(はるのつじいせき)は弥生時代の環濠集落で、『魏志』倭人伝に記された「 一支国(いきこく)」の王都に特定された遺跡です。この原の辻遺跡は“遺跡の国宝” にあたる国の特別史跡に指定されています。
d0252916_1014168.jpg


五島列島・福江島の大瀬崎断崖展望台
d0252916_13475677.jpg


五島列島の魚藍観音(ぎょらんかんのん)展望台から高浜ビーチを眺めます。
高浜ビーチは日本の渚100選にも選ばれている白砂のビーチです。
d0252916_10353089.jpg


長崎港にて。海に囲まれた日本を守ってくださる海上保安庁の巡視船です。
d0252916_1347192.jpg



以下は関連サイトです。
軍艦島を世界遺産にする会 公式 WEB
http://gunkanjima.hayabusa-studio.com/

近代化産業を支えた島、軍艦島
http://www.gunkanjima-tour.jp/gunkanjima/about.html

軍艦島 周遊クルーズ 
http://www.clubgets.com/kyushu/gunkanjima/


軍艦島入門   黒沢永紀 著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4408110116/islandtrip0c-22/

d0252916_21404136.png

[PR]
by mamimami77772 | 2015-05-08 22:09 | 日本の技術や伝統文化

あけましておめでとうございます。

2015年 元旦


新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



d0252916_12283685.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2015-01-01 12:29 | 日本の技術や伝統文化

和食に続き和紙もユネスコ遺産に

2014年11月27日


【祝】 和食に続き和紙もユネスコ遺産に 欧州で絵画修復に重用
朝日新聞DIGITAL http://www.asahi.com/articles/ASGCT1TF8GCTUHBI001.html

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産への「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」の登録が決まった。27日、正式決定の知らせに、「石州半紙(せきしゅうばんし)」(島根県浜田市)、「本美濃紙(ほんみのし)」(岐阜県美濃市)、「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県小川町、東秩父村)の産地は、未明から喜びに包まれた。

●石州半紙(せきしゅうばんし):http://www.sekishu.jp/cultural_heritage/index.html
●本美濃紙(ほんみのし):http://www.city.mino.gifu.jp/honminoshi/
●細川紙(ほそかわし):http://ogawawashi.jp/ogawawashi.php


________________________


JRお茶の水駅(聖橋出口)を出て湯島天神に向かう途中に、和紙専門店が開いた「おりがみ会館」があります。
d0252916_21172248.gif

この近くには甘酒で有名な「天野屋」さんもあり、界隈にはまだ江戸情緒が充分残されていますので、下町散歩を楽しむことができます。

明かりがともり良い雰囲気を醸し出している「天野屋」の喫茶店。
【新春】新年を迎えた神田明神界隈 http://kawaiimog.exblog.jp/20246633/

d0252916_21255526.jpg


湯島や御茶ノ水に行ったときには、私は必ずこの「おりがみ会館」に寄り、美しい千代紙や和紙を購入します。これらは海外へ旅行に行く時に、現地でお世話になった方へのお礼用にします。
そして日本の千代紙を手にした海外の方は皆、「これが紙であるとは信じられない」と、とても感動し、その後は額に入れて飾ったり友人に自慢したりするそうです。

この他に、日本からのお土産で喜ばれたものは、ボールペン、爪切り、食べ物では横浜プリンや北海道の白い恋人など。ちょっと高級な爪切りもかなり人気があります。


海外で買い物をすると、雑なラッピングにガッカリすることがありますが、日本では贈り物を包むラッピングも商品の一部であるかのように、美しさを追求し完璧な包装を目指します。

夏になれば「金魚始めました」と季節感たっぷりの風呂敷で包んでくれる湯島の花月。
d0252916_22194231.jpg


d0252916_22195617.jpg



息子たちが小学生だった頃にはおりがみ会館の作業場をお借りして、手すき和紙のハガキを作る講習会もありました。また折り紙の講習に参加したりと、ここには懐かしい思い出がたくさんあります。
今回のユネスコ文化遺産登録で、頑なに本物を守ることにこだわって来た小林さんのご苦労が報われたような気がして、とてもうれしいです。

世界に誇る日本の伝統文化に「折り紙」があります。http://kawaiimog.exblog.jp/17921172/
和紙に印刷された湯島のおりがみ会館 http://www.origamikaikan.co.jp/ のひな人形です
d0252916_21584630.jpg


店内のいたるところに見事な作品が展示されています。

d0252916_22025.jpg


龍神、雷神を印刷した大判の和紙
d0252916_2264866.jpg


運よく小林さんに出会えれば、目の前で魔法のように折り紙を折って下さいます。
d0252916_22364734.jpg

関連エントリ
千代紙と日本の伝統模様
http://kawaiimog.exblog.jp/15347268/
d0252916_22103792.jpg


12月6日(土)までおりがみ会館ギャラリーにて「切り折り紙の世界展」を開催中です。
おりがみ会館ツイッター https://twitter.com/origamikaikan/status/538219385853181952
「こんなフチ子さんに会えるのはここだけ!『切り折り紙の世界展』~12/6(土)まで、お茶の水おりがみ会館のギャラリーでお待ちしてま~す!」 http://p.twipple.jp/RMVgc

d0252916_23445089.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-11-27 21:08 | 日本の技術や伝統文化

懐かしい日本の面影 神田明神鳥居横「天野屋」の続き

2014年8月7日(水)


懐かしい日本の面影 

海外から輸入された珍しい生活用品や食品は、私たち日本人にはとても新鮮で魅力的です。
一方、日本の四季に合わせて工夫された、昔ながらの生活用品は、新鮮さこそありませんがそこには驚くような工夫が隠されていることがあります。

昔の人は、見た目の涼しさもあれこれ工夫して、暑い夏を乗り切っていたようです。


一つ前のエントリーで夏の甘酒について「江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました」とあります。天秤棒とは何だろう?という事ですが、下の金魚売のおじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒です。
ベトナムラオスに行きますと、野菜や果物を山のように盛り込んだ2つのかごを天秤棒の両端に吊るして、女性が行商している姿を見ることができます。

Wikiから転載 画像と解説
天秤棒を担いで野菜を運ぶ行商人
ベトナムの首都ハノイにて2003年に撮影されたものであるが、250年ほど前の日本の江戸で描かれた絵と基本的な違いは見られない。
d0252916_021146.jpg



「美しき日本の面影」に金魚売の写真がありましたのでお借りしました。おじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒金魚も夏の季語です。こちらは着色写真です。
d0252916_21325050.jpg




「美しき日本の面影」の解説から__________________

幕末に日本が開国し、訪れた外国人達がみな驚嘆したのは、日本の風景の信じられない程の「美しさ」」でした。

それらの中には、今は見ることが叶わないものがありますが、幸いなことに、当時撮影された写真が残っております。それら19世紀に撮影された写真をここでご紹介します。

なお、「着色写真」(「彩色写真」、また横浜で外国人への土産物として売られたので「横浜写真」ともいう)というのは、現在のようなカラーフィルムを使用したものではなくて、写真師が後に手作業で一つ一つ着色して、作成したものです。

_______________________________________________

おはじきをする可愛い女の子の写真です。
上の子供たちが弟や妹の子守りをするのが当たり前の時代でした。何と可愛く、いじらしい写真でしょうか。
d0252916_21404764.jpg


笑顔の農家の若い女性。とても100年以上前の写真とは思えません。(解説から引用)
d0252916_21412290.jpg


私達日本人は、便利さと値段の安さばかりを求めているうちに、食の安全生産者に対する信頼がどれほど大切かを忘れてしまったような気がします。
最近話題の中国食品の危険性は、私たちが忘れかけていた信頼できる日本の農業に目を向けるきっかけを作ってくれました。


昨年、対馬の農業が受賞した際に、お祝辞の中で東京農業大学名誉教授・前学長の 進士 五十八さんが、「 農業は日本そのものであり、農業こそが日本人の命である 」とおっしゃった言葉は、日本の農家への激励でもあります。日本の農業は品質、安全性においても世界一ですね。

【祝】対馬の農業・受賞のご報告
http://kawaiimog.exblog.jp/20205067/

対馬をよろしくお願いします。
d0252916_1231029.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-04 08:43 | 日本の技術や伝統文化

神田明神鳥居横の「天野屋」

2014年8月3日(日)


予想では冷夏だったはずですが、今年の暑さは特別です。
食欲がないとか、飲み物ばかり飲んじゃって、という方も多いと思いますが、残念なことに私は夏でも食欲もりもりです。一度でいいから夏痩せと言うのを経験してみたいです。

8月1日の読売新聞夕刊に、神田明神の鳥居横にある「天野屋」さんの記事が出ていましたので、転載します。季節感たっぷりの、しみじみする良い記事だと思いました。

神田明神脇 天野屋 http://www.amanoya.jp/
d0252916_19555296.jpg


季節はずれの写真ですが、こちらは新年に神田明神に参拝した時の明神様(随神門)と、
d0252916_2021866.jpg


紅梅が趣を添えている夕暮れの天野屋さんの喫茶店です。
d0252916_2042534.jpg


【新春】新年を迎えた神田明神界隈
http://kawaiimog.exblog.jp/20246633/

日本語文化の特徴は数えきれないほどたくさんありますが、俳句で季節と結びついて、その季節を表す「季語」は特に美しい言葉だと感じます。季節を優雅に 美しく表してくれる言葉ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   季節のことば検定 読売新聞 8月1日夕刊から


Q 次の「甘」の付く言葉の内、俳句の夏の季語はどれでしょうか?

① 甘橙
② 甘干
③ 甘酒
④ 甘茶

A 正解は③ の甘酒です。 柔らかく炊いた飯か粥(かゆ)に米麹を加え、一晩ほど発酵させて作ります。
江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました。江戸中期の俳人(嘴山 スイザン)に「あまざけや 舌やかれける 君が顔」という句があり、夏でも熱々の甘酒を飲んでいたようです。
①の甘橙はネーブルで「春」の季語
②の甘干は干し柿の事で秋の季語
④の甘茶は(お釈迦様の)花祭りの時に誕生仏にかけますが、これも春の季語です。

甘酒の成分は、今の病院で用いる栄養点滴とほぼ同じ。庶民の夏バテを防ぐ、栄養ドリンクだったといえるでしょう。酒という名がつきながら、アルコール成分はほとんどありません。

現代では寒い季節に飲むのが一般的な甘酒。
初詣に行き、紙コップの甘酒で体を温めた記憶のある方も多いのでは。
東京の神田明神の鳥居脇では、江戸時代から続く甘酒の老舗・天野屋が人目を引きます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甘酒は夏(7月)の季語です。江戸時代の人は、夏の暑いときに熱い甘酒をふうふうと吹きながら飲んで、 夏バテを防いだようです。


天野屋さんの若女将が亡くなって一年半になります。
まだ50歳代半ばの若さであり、嫁いでからは「老舗・天野屋」の店頭を一人で切り盛りしていた美しい女性でした。彼女が家族と社員全員の食事を、毎日3食作りますので、買い物の食材の量は半端ではありません。近所の八百屋さんなどで買い物している姿を見ただけでも、老舗を守ることの大変さを痛感しました。

天野屋さんに行けば、今でもあのにこやかな笑顔で ”元気にしてる?”と言いながら、てきぱきと接客する姿が見れそうな気がしてなりません。
[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-03 21:12 | 日本の技術や伝統文化

暑中お見舞い申し上げます。

2014年8月2日(土)


 暑中お見舞い申し上げます。


d0252916_235526.jpg


大変ご無沙汰しております。
2か月以上もブログをお休みしてしまいました。

身内のものが入院したり、退院後の世話が慣れないために色々と大変な2か月でしたが、お陰さまでようやく以前の生活に戻ることができました。

その間に、ご心配いただいてコメントを下さった方もいらして、私は本当にうれしくて何よりの励みとなりました。ここにお礼を申し上げます。

下手なブログですが、明るい話題と写真で少しでも楽しんで頂けますように、今後も頑張りますのでよろしくお願いします。


昨年初めて行った、沖縄の美ら海水族館の涼しげな画像です。

美ら海水族館の水槽は、世界に誇る日プラの製品。
[ NIPPURA ]
http://www.nippura.com/index.html

d0252916_0233463.jpg


d0252916_0235649.jpg


d0252916_0242013.jpg



一度は行きたい!世界最大の水槽を持つドバイの水族館 [Dubai aquarium]
http://matome.naver.jp/odai/2136660758383788001


ドバイの水族館の水槽も、もちろん日プラ製品です。

d0252916_031990.jpg



これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-02 23:35 | 日本の技術や伝統文化

桜を愛でる日本人


2014年3月31日

いつも拙ブログをご訪問くださいまして、本当にありがとうございます。
暫らく更新をお休みしていましたが、今日からまた頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
_______________________________________________


趣のある「日本橋交番」前の桜
d0252916_1305077.jpg


都会のビルの谷間にあっても、その美しさは変わりません。大変見事な桜です。
d0252916_133507.jpg


日本の桜の8割はそめいよしのと言われています。 大きく分けて9種類、全部で400種類以上もあるそうです。 Yahoo知恵袋 

佃から月島にかけて、花見をする人々で遊歩道は一杯です。
d0252916_1313976.jpg


d0252916_13485039.jpg



我が愛する日本へ~ドナルド・キーン89歳の決断~」で、日本人が桜をこよなく愛する理由について次の様におっしゃっていました。

 「桜はパッと咲き、パッと散る。これこそが日本人が愛する日本人独特の美意識である。」 と。


この季節は春の嵐のせいで、折角満開となった桜が一日で台無しになってしまう事があります。
「雨に打たれて一晩で花が痛んでしまった」と、とても残念に思う事もありますが、儚いからこそ美しい。
ドナルド・キーンさんの言葉に頷いてしまいます。

d0252916_13285052.jpg


d0252916_13291246.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-03-31 12:49 | 日本の技術や伝統文化

【祝】安倍首相から 建国記念の日メッセージ

 

 2014年2月11日


より美しい国に…

首相、建国記念の日メッセージ



安倍首相は10日、11日の「建国記念の日」にあたり、歴代政権で初の首相メッセージを発表した。
首相は「私たちの愛する国、日本を、より美しい、誇りある国にしていく責任を痛感し、決意を新たにしている」と強調した。

11日の「建国記念の日」を迎えるに当たり、安倍晋三首相が発表したメッセージは次の通りです。

★ メッセージ全文 ★-------------------------------------------


「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う」という趣旨により、法律によって設けられた国民の祝日です。

 この祝日は、国民一人ひとりが、わが国の今日の繁栄の礎を営々と築き上げたいにしえからの先人の努力に思いをはせ、さらなる国の発展を誓う、誠に意義深い日であると考え、私から国民の皆さまに向けてメッセージをお届けすることといたしました。

 古来、「瑞穂の国」と呼ばれてきたように、私たち日本人には、田畑を共に耕し、水を分かち合い、乏しきは補い合って、五穀豊穣(ほうじょう)を祈り、美しい田園と麗しい社会を築いてきた豊かな伝統があります。

 また、わが国は四季のある美しい自然に恵まれ、それらを生かした諸外国に誇れる素晴らしい文化を育ててきました。


 長い歴史の中で、幾たびか災害や戦争などの試練も経験しましたが、国民一人ひとりのたゆまぬ努力により今日の平和で豊かな国を築き上げ、普遍的自由と、民主主義と、人権を重んじる国柄を育ててきました。

 このような先人の努力に深く敬意を表すとともに、この平和と繁栄をさらに発展させ、次の世代も安心して暮らせるよう引き継いでいくことはわれわれに課せられた責務であります。

 十年先、百年先の未来を開く改革と、未来を担う人材の育成を進め、同時に、国際的な諸課題に対して積極的な役割を果たし、世界の平和と安定を実現していく「誇りある日本」としていくことが、先人からわれわれに託された使命であろうと考えます。

 「建国記念の日」を迎えるに当たり、私は、改めて、私たちの愛する国、日本を、より美しい、誇りある国にしていく責任を痛感し、決意を新たにしています。

 国民の皆さまにおかれても、「建国記念の日」が、わが国のこれまでの歩みを振り返りつつ先人の努力に感謝し、自信と誇りを持てる未来に向けて日本の繁栄を希求する機会となることを切に希望いたします。

 内閣総理大臣 安倍晋三   (2014/02/10-17:59)


メッセージはここまで-----------------------------------------------


★ 以下、読売オンラインから転載 ★

11日は日本書紀で神武天皇が即位したとされる日で、戦前は「紀元節」で祝日だった。戦後廃止され、1966年に建国記念の日となった。

菅官房長官は10日の記者会見で、メッセージ発出について、「首相の強い思いがあった」と説明。「右傾化」を指摘する質問には、「そう取る方が全くおかしい」と反論した。

建国記念の日を巡っては、2004年までは財団法人が式典を開き、歴代首相が祝辞を送っていた。

自民党は12年衆院選の政権公約に、建国記念の日と「竹島の日」(2月22日)、「主権回復の日」(4月28日)に政府主催の式典を開くことを盛り込んでいた。


ここまで読売オンライン ---------------------------------------


ロシアを訪れていた安倍総理大臣は、ソチオリンピックの開会式への出席やプーチン大統領との会談など一連の日程を終え、9日午後7時前に政府専用機で帰国されました。

当日は都知事選の投票、開票当日でもあり、引き続きお忙しく過ごされている事と思います。お身体に気を付けて、日本を取り戻すために今後も宜しくお願い致します。

それからいつも思うのですが、安倍総理をお守りする菅官房長官の対応にも、感謝しております。
安倍内閣の皆さま、今後も日本を、日本国民を宜しくお願いします。私達も頑張ります。
d0252916_173232.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-02-11 17:07 | 日本の技術や伝統文化

【新春】新年を迎えた神田明神界隈

2014年1月18日


d0252916_1251124.jpg
江戸総鎮守  神田明神 


安倍政権が2年目を迎えて、世の中も徐々に落ち着きを取り戻してきたと感じます。株価も上昇、昨年の百貨店売上高は16年ぶりに前年を超えて消費が拡大し、2020年のオリンピックに向けて、今後は順調に景気の回復が期待できそうです。

その様な理由で、商売繁盛や開運招福のご利益が授かるといわれる神田明神は、今年は特別賑わったようです。


仕事始めに東京都千代田区の神田明神(Kanda-Myojin shrine)を参拝し、今年の商売繁盛を願う人たち(AFP:2014年1月6日撮影)。
d0252916_12153620.png


今日のコースは、銀座線の末広町駅から神田明神まで、時々足を止めて写真を撮りながら明神様で参拝。そして天野屋さんで休憩をしました。
周りを秋葉原湯島お茶の水に囲まれた都心にありながら、この明神様の界隈には今も昭和の景色が残り、ノスタルジーに浸る事が出来ます。


最寄駅の銀座線・末広町駅を出て蔵前橋通りを進みますと、左手に風情のあるたたずまいの「石橋」が見えます。隣に見えるのが「石橋精肉店」です。
d0252916_12364174.jpg


明神男坂 方面に向かう途中にあるのが ちゃんこ料理一の谷。見えにくいですが、立派な鬼瓦があります。
d0252916_15163212.jpg


男坂をゼーゼー言いながら頑張って登ります。
d0252916_15174619.jpg


登り切ると社務所の横に出ます。立派な随神門は昭和50年に昭和天皇御即位50年の記念として建立されました。総檜の入母屋造です。
d0252916_15305226.jpg


随神門から御神殿を拝み、そして参拝を済ませます。
d0252916_15423274.jpg


御神殿は昭和9年に竣功。 権現造(ごんげんづくり):石間(いしのま)造とも。神社建築の一形式。本殿と拝殿を板敷の石間でつなぎ,一連の建物としたもの で、総朱漆塗の社殿です。かなり赤が強いので、修復前の色合いの方がどちらかと言えば良かったのではないかと思います。
d0252916_15432445.jpg


参拝を済ませてから天野屋さんで休憩です。天野屋は神田明神の参道の入口左にある、甘酒で有名な甘味処です。
12日(松の内)でしたので、立派な角松がまだ飾られていました。
d0252916_1683151.jpg


明かりがともると、益々良い雰囲気を醸し出します。
d0252916_1622531.jpg


店内にはご主人の趣味で集められたレトロな電話、看板や、「鑑定団」に出てきそうなブリキのおもちゃなどが所狭しと並んでいます。
クリームあんみつにしました。美味しかったですよ。
d0252916_16213020.jpg


お店の脇を抜けて折り紙会館方面に向かいます。
こうして久しぶりに来ると新しい店を見つけたりしますが、“ ここには以前何があったのだろうか ” と思いだそうとしても、思い出せない事が多くなってきました。

街が新しくなって活気が出るのは良い事ですが、出来れば、歴史ある老舗は後世に残したいものです。

新しい店ですが、何となく下町に溶け込んでいる「月光食堂
d0252916_16295541.jpg


いつもあわただしく生活していますので、時間を気にせずに参拝出来て良い一日でした。
東京には「下町」という、誰もが懐かしさを感じられる界隈があります。 “ 下町って良いなぁ ” っていつも思います。
[PR]
by mamimami77772 | 2014-01-18 19:53 | 日本の技術や伝統文化

【謹賀新年】今年も良い年でありますように。


2014年1月1日(元旦)

皆さま

あけましておめでとうございます。

いつも拙ブログにおいで頂きまして、誠にありがとうございます。

昨年は、日本が目まぐるしく変化した一年でした。

今年は日本経済に活気が戻りますように。

そして日本国民が落ち着いて生活出来ますようにと、心から祈ります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。


d0252916_13332795.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-01-01 13:41 | 日本の技術や伝統文化