カテゴリ:日本の技術や伝統文化( 69 )

【奉祝 天長節】 天皇陛下 お誕生日 おめでとうございます。

2013年12月23日

天皇陛下は本日23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。

天皇陛下の御誕生日を心より御祝い申し上げます。


平成二十五年十二月二十三日


いつまでもご健康でお幸せであらせられる事を、国民は皆、心より願っております。

昭和37年、長野県志賀高原にて 両陛下のお幸せなご様子 
d0252916_1615688.jpg


==============================

● 皇室とっておき 朝日新聞degital

関連過去記事

 【祝】皇后さま きょう79歳のお誕生日
 【天皇・皇后両陛下】日本の皇室は国民と共に
[PR]
by mamimami77772 | 2013-12-23 16:04 | 日本の技術や伝統文化

【皇室】天皇、皇后両陛下:水俣市をご訪問

2013年10月27日


両陛下、全国豊かな海づくり大会にご臨席 初めて水俣をご訪問 2013.10.27



d0252916_23132868.jpg


熊本県を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日、熊本、水俣両市などで開かれた「第33回全国豊かな海づくり大会」の諸行事にご臨席された。両陛下の水俣市ご訪問は初めてで、同市内の会場では稚魚を放流された。

 熊本市内で開かれた式典行事で、両陛下は地元小学生や漁業従事者夫妻による「くまもと海づくりメッセージ」の発表などをご覧になった。

 続いて、九州新幹線の臨時専用列車で水俣市へご移動。水俣湾を埋め立ててつくった公園「エコパーク水俣」で行われた同大会の海上歓迎・放流行事に臨まれた。

和太鼓による演奏の中で、両陛下は列をつくって航行する地元の漁船などに手を振った後、ヒラメとカサゴの稚魚を放流された。(MSN産経)

_______________________________________________


熊本県を御訪問中の天皇、皇后両陛下が「全国豊かな海づくり大会」に御臨席になりました。素晴らしいお天気に恵まれました。
(こちらの画像は産経からお借りしました。)
d0252916_2335251.jpg


全国豊かな海づくり大会の式典にご臨席された天皇、皇后両陛下。手前はくまモン(画像は産経から)
d0252916_828844.jpg


続いて海上歓迎・放流行事が開催されたエコパーク水俣(熊本県水俣市の水俣湾埋立地)は1990年3月に完成。東京ドーム13.5個分の広大な埋め立て地です。

水俣湾を埋め立てた「エコパーク水俣」には、花や緑に包まれた公園や海と親しめる親水護岸や道の駅みなまた内のバラ園等が創られ、未来へ向け、美しく変貌を遂げ始めています。(熊本県水俣市HPから)
d0252916_23455524.jpg


「全国豊かな海づくり大会」の海上歓迎・放流行事で、稚魚を放流される天皇、皇后両陛下(27日午後)
d0252916_23382472.jpg


爽やかな秋晴れの中、両陛下はヒラメの稚魚を放流なさいました。
d0252916_23395343.jpg


会場の様子です。
d0252916_8183728.jpg


両陛下は次にカサゴの稚魚を放流なさいました。
d0252916_23503931.jpg

d0252916_819526.jpg


お元気そうな両陛下のご様子に日本国民は皆、安心いたします。
d0252916_23552554.jpg

d0252916_235598.jpg


関係者とご歓談なさる両陛下。
d0252916_8245318.jpg



熊本県訪問中の天皇皇后両陛下、水俣病慰霊の碑にご供花、水俣市で「語り部」とご面会をされました。

d0252916_8431356.jpg
水俣病慰霊の碑にご供花される天皇、皇后両陛下=熊本県水俣市で2013年10月27日

熊本県をご訪問中の天皇皇后両陛下は、初めて水俣市にお入りになり、水俣病慰霊の碑に花を手向けられた。
両陛下が水俣市をご訪問されるのは初めてのことで、水俣病慰霊の碑を訪れ、花を手向けられた。

その後、水俣病患者やその家族が、自分たちの経験を語り伝えている「語り部」たちの話をお聞きになり、両陛下は「多くの人たちのために、これからも講話活動を続けてください」など、1人ひとりにお声をかけて苦労をねぎらわれた。
また、両陛下は強いご意向から、重症の水俣病患者とご懇談されたという。 (FNN熊本・画像も)

___________________________________________

天皇陛下、くまモンにお茶目なご質問 “ くまモンはお一人でやっているのですか? ”
(こちらのお言葉は皇后陛下がくまモンにお掛けになったお言葉でした。ここに訂正申し上げます。)

d0252916_16245295.jpg
「保守速報」からお借りしました。
[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-27 23:57 | 日本の技術や伝統文化

【祝】皇后さま きょう79歳のお誕生日

2013年10月20日

 


皇后さまは きょう20日、79歳のお誕生日をお迎えになられました。

d0252916_1647384.jpg
皇居・御所の回廊に立たれる天皇、皇后両陛下

d0252916_16472242.jpg
皇居・御所の回廊に立たれる皇后さま


皇后さま、79歳誕生日…質問とご回答の全文は こちらから 
読売ONLINE  

伊豆大島 台風26号の被害を配慮し、皇居・宮殿での祝賀会は中止・・・伊豆大島「深く案じています」皇后さま


****************************************


美智子皇后さま
お誕生日おめでとうございます。末永くご健勝であられますようお祈り申し上げます。

一昨日の18日、島根と出雲地方で、太陽が3つあるように見えたり、逆さまの虹が現れたりする大気光学現象が同時に起きたそうです。

出雲では全国から神々が集まるとされる「神在(かみあり)月」(旧暦の10月)の時期を迎えておりまして、「本物の神が降臨したようだ」と驚きの声が上がっています。 

そこできょうは、何ともお目出度いこの2枚の写真に、皇室の弥栄と日本の永遠をお祈り致しました。
「神在月」に神が降臨!? 3つの太陽、逆さ虹


d0252916_16561035.jpg


d0252916_16563679.jpg


出雲では10月を神在月と呼ぶ理由
出雲観光ガイド から

<一部抜粋>
旧暦10月は全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月です。他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、ここ出雲では神在月(かみありづき)と呼びます。

とりわけ旧暦10月10日~17日までの8日間、各神社では神々をお迎えする「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、神々が酒造りや縁結びについて議りごとをされる間の「神在祭(かみありさい)」、そして神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」まで、古式に則り様々な神事が厳かに執り行われます。


関連過去エントリー
【天皇・皇后両陛下】天皇陛下万歳!皇后陛下万歳!

d0252916_17521054.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-20 16:55 | 日本の技術や伝統文化

【礼儀正しい日本人】<サッカー>U-19日本代表が見せた、驚くばかりの礼儀正しさ

2013年10月13日

礼儀正しさは日本人の誇り。

7年後は東京オリンピックです。
ずいぶん先の話になりますが、海外からのお客様やメディアが気持ちよく過ごして戴けるように、日本人みんなが温かいおもてなしのノウハウを身につけたいと思います。

全く近頃の若者は ” と言う批判的な言葉を聞かなくなりました。
それどころか最近では、社会性の無い高齢者による暴力事件がとても目立っています。

キレる高齢者」は20年前50倍と言われています。ここで言うキレるとは、いわゆるブチ切れる高齢者という事です。


★ ブチ切れる老人たち  購入価格: ¥ 500  
Amazonで購入される場合は こちら へ
d0252916_0122935.jpg



社会生活において、見た目はとても重要視されますが、見た目が全てではないと思う経験を先日しました。

電車内にを忘れて降りてしまった人を追いかけて、その傘を手渡していた若者を偶然見ました。彼の外見はまさに今風の若者でした。彼は自分が降りる駅では無かったのに、傘を渡すためにわざわざその駅で降りて、次の電車にまた乗りなおしていました。

偉いね” と声を掛けたら彼はニコニコして、次の電車に乗ってゆきました。 ポエムとか言われそうですが、私はその時とてもうれしかった。
7年後のオリンピックでは、彼の様な思いやりのある、礼儀正しい日本の若者が、きっと成功に導いてくれるだろうと思います。

d0252916_056383.png

日本サッカー協会 2013 u-19 日本代表


<サッカー>U-19日本代表が見せた、驚くばかりの礼儀正しさ 中国メディアが絶賛レコードチャイナから転載


2013年10月11日、網易は「サッカーU-19日本代表:観客は10人以下、それでも日本代表は感謝のあいさつ=練習後には自分たちでボトルをしまう」を掲載した。

中国でサッカーAFC U-19選手権2014の予選が開催されている。日本代表は8日、マカオに6対0で快勝。10日、マレーシアに5対1で大勝した。最終戦となる12日には中国代表との対戦になる。

記事が注目したのは10日の試合後の光景。

集まった観客は100人以下で、ほとんど日本代表に声援を送ることはなかった。点差が開いたこともあり試合終了時点では観客は10人も残っていなかったが、それでも若き日本代表選手は深々と頭を下げて感謝の意を表していた。

現地の関係者は、日本代表の素晴らしさはそれだけではないと話している。練習が終わると選手たちは自らペットボトルを回収し、練習場所を掃除していた。また、大雨が降った時もいつもどおり練習を続けていたという。

サッカー文化の教育と育成は選手たちに礼儀を教えることから始まる。礼儀を学べば、たとえ最高のサッカーを見せられなかったとしても、少なくとも尊敬されるチームになるだろうと、記事は日本代表を絶賛している。
(翻訳・編集/KT) 
[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-13 00:54 | 日本の技術や伝統文化

●【神宮式年遷宮】伊勢神宮、外宮も5日「遷御の儀」 遷宮祭が幕を閉じる

2013年10月6日



d0252916_13503462.jpg


内宮と外宮の「遷御の儀」において臨時祭主を務められた黒田清子さま。日本人形のようにお美しい。
d0252916_063493.jpg


d0252916_092099.jpg


一つ前のエントリー 【お伊勢参り】伊勢神宮は日本人の心のふるさと(外宮参拝) の続きです。


20年に1度、社殿などを造り替える伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮5日夜、内宮(ないくう)に続き 外宮(げくう)でもハイライトとなる「遷御の儀」が営まれ、ご神体新宮に移された

6日は天皇陛下からの捧げ物 「幣帛(へいはく)」を奉る「奉幣(ほうへい)」などが行われ、内宮と外宮では祭事が終了。8年にわたり続いてきた遷宮祭が幕を閉じる。

これまでの正殿から西隣の新宮にご神体を移す外宮の遷御は、天皇陛下の使者である勅使や臨時祭主の黒田清子さん、鷹司尚武大宮司ら約120人が奉仕。
皇族代表として秋篠宮さまが参列された。

神職が内宮の「カケコー」とは違う鶏の鳴きまね「カケロー」を三唱して儀式が始まると、ご神体は絹の覆いに囲まれて正殿から運び出され、約300メートル先の新正殿へ。約4000人の特別奉拝者に見守られ、「浄闇 (じょうあん)」と呼ばれる夜のしじまに小雨が降る中、ご神体は新宮に納められた。(msn産経から転載)

_________________________________________


内宮の神鶏 “ このような場所に神鶏がいるのを初めて見ました。 ” とのコメントを、三重の方から頂きました。日本が良い方向に向かう事を暗示するかの様で、うれしいです。
d0252916_0134130.jpg


内宮で放し飼いにされている神鶏
d0252916_014628.jpg


綺麗に掃き清められた清潔感あふれる外宮参道。三重は町全体が清らかで神々しく、空気さえも澄みきっていると感じます。
d0252916_21513871.jpg


昔の街並みを再現した「おかげ横丁」。懐かしい昭和の雰囲気がいっぱいです。
d0252916_0142689.jpg



● 第62回 伊勢神宮式年遷宮 奉祝演奏会 
 10月23日(水)
  開場18時 開演19時
  
  愛知県芸術劇場コンサートホール  
  読売日本交響楽団  指揮 円光寺雅彦  ヴァイオリン 川井郁子 
  http://www.sengu.info/event20131023.html
[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-06 00:16 | 日本の技術や伝統文化

●【お伊勢参り】伊勢神宮は日本人の心のふるさと(外宮参拝)

2013年10月5日

※9月17日にブログに載せた内容を、写真を少し変えて載せました。http://kawaiimog.exblog.jp/19667037/





本日午後一時から 伊勢神宮 外宮( 豊受大神宮 とようけだいじんぐう )において、遷宮の中心となる儀式、遷御の儀( せんぎょのぎ )が斎行されます。

外宮(豊受大神宮)とは : 天照大神(あまてらすおおみかみ)の召し上がる大御饌( おおみけ・お食事)の守護神である豊受大御神( とようけおおみかみ )をおまつりしてあります。衣食住を始めとしたあらゆる産業の守り神です。 
豊受とはお食事の事です。



神宮 式年遷宮  外宮(豊受大神宮)  

遷御の儀 10月5日 午後1時から翌6日午前5時

d0252916_1753020.jpg



2013年は、日本人にとって最も大切な伊勢神宮の「式年遷宮」(しきねんせんぐう)の年にあたります。今年は第62回の式年遷宮となっています。
中心的な儀式となる遷御(せんぎょ)の儀は、内宮が10月2日、外宮が本日・5日です。天皇陛下が日時をお定めになるしきたりで、2月25日に発表されています。

20年に一度、伊勢神宮の正殿を新造して宮を遷すこの行事は、大化の改新を成し遂げた天智天皇(中大兄皇子)の弟の天武天皇により飛鳥時代に定められ、690年、持統天皇の御代に第1回が行われました。

それ以来、戦国時代の一時の中断を除いて、1300年以上にわたり受け継がれて来たお祭りであり、神宮にとって永遠性を実現する大いなる営みでもあります。



9月11日 外宮を参拝いたしました。表参道火除橋から第一鳥居を望みます。
d0252916_1657334.jpg


第一鳥居の前で気持ちを新たにして、お参りにうかがえた幸せに感謝。
d0252916_16571654.jpg


砂利を踏む足音と、せみ時雨が聞こえるだけの静かな世界に包まれ、自ずと無心になります。
d0252916_1715897.jpg


写真を撮るのはここまでです。左隣の御敷地では、宮大工の方々が新居となる「社殿」の完成に向けて、急ピッチで仕事中でした。
d0252916_1724171.jpg


外宮の参拝を済ませて、風宮(風の神様をおまつりする別宮)、土宮(大土乃御祖神・おおつちみのおやのかみをお祀りする別宮)に向かいます。
d0252916_17104050.jpg


正宮前の池の横の亀石を過ぎると左手に風宮、右手に土宮が祀られ、正面の石段を更に登りますと丘の上に多賀宮(外宮の第一別宮)が鎮座されています。

※山頂にあるので高宮(たかのみや)であったが、縁起のよい字を当て多賀宮(たかのみや)になったと考えられています。
d0252916_1784351.jpg


何百年と外宮を見守ってきたであろう大樹。
d0252916_17104811.jpg


せんぐう館の敷地内にある 外宮勾玉池  (げくう まがたまいけ) と舞台です。
d0252916_17114413.jpg


ゆっくりお参りが出来て本当に幸せな一日でした。今この場所で厳かに遷宮の儀式が行われていることを考えますと、感慨無量です。

● 第62回 伊勢神宮式年遷宮 奉祝演奏会 10月23日(水)
  開場18時 開演19時
  愛知県芸術劇場コンサートホール  
  読売日本交響楽団  指揮 円光寺雅彦  ヴァイオリン 川井郁子 
  http://www.sengu.info/event20131023.html

● 伊勢神宮 外宮(豊受大神宮 

d0252916_18272189.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-05 17:23 | 日本の技術や伝統文化

●【神宮式年遷宮】 夜の儀式を前に、安倍首相ら多くの招待客の姿(13/10/02)



一つ前のエントリー:【お伊勢参り】 伊勢神宮は日本人の心のふるさと(内宮参拝)の続きです。 内容を少し修正して写真を追加しました。(10/3)


d0252916_121716.jpg


式年遷宮のクライマックス、「遷御の儀」が無事に執り行われ、ご神体が新御正宮に移されました。たいまつと提灯の灯りの中1300年続く神様のお引越しは、接近していた台風も逸れて晴天となり、最高の儀式となりました。

用材を神宮に運び入れて以来、何と8年にも及ぶ神聖な作業が昨夜8時に終了致しました遷御の儀 動画配信は こちら をクリック。



一連の儀式は臨時祭主の黒田清子(さやこ)様がつかさどり、鷹司尚武大宮司ら神職約150人が束帯や衣冠など古式の装束に身を包んで奉仕しました。同時刻に皇居では天皇・皇后両陛下伊勢神宮の方向を向かれて礼拝なさいました。

皇族を代表して秋篠宮文仁殿下が参列され、安倍晋三首相閣僚8名も出席しました。各界の代表ら約3千人の特別奉拝者が特設席から見守りました。なお首相の参列は戦後初です。ドナルド・キーンさんは今回で4回連続での参列となりました。



●東日本大震災を機に日本国籍を取得した米コロンビア大名誉教授の日本文学研究家、ドナルド・キーンさん(91)が特別参拝者として「遷御の儀」に参列しました。1953年以来、4回連続です。
http://mainichi.jp/select/news/20131003k0000m040115000c.html


遷御の儀のため、正殿に参進する臨時祭主の黒田清子さん(中央)と神職の方々=2日午後6時10分、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮 (朝日新聞digital)
d0252916_8184177.jpg




伊勢神宮式年遷宮 夜の儀式を前に、安倍首相ら多くの招待客の姿
(13/10/02)


[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-03 01:31 | 日本の技術や伝統文化

●【お伊勢参り】伊勢神宮は日本人の心のふるさと(内宮参拝)

2013年10月2日



本日夜8時から、伊勢神宮の内宮(皇大神宮・こうたいじんぐう)の遷宮が行われます。台風が近づいているのでお天気がとても心配です。

用材を神宮に運び入れて以来、何と8年にも及ぶ引越しの作業が本日の8時に完了する事になります。遷御の儀 動画配信こちら をクリック。




9月11日、12日の2日間、神宮のお参りをしてきました。
d0252916_91024.jpg



式年遷宮とは:
2013年は、日本人にとって最も大切な伊勢神宮の「式年遷宮」(しきねんせんぐう)の年にあたります。

今年は第62回の式年遷宮となっています。中心的な儀式となる遷御(せんぎょ)の儀の日程は、天皇陛下が日時をお定めになるしきたりで、2月25日に発表されました。

20年ごとに行われる伊勢神宮の「式年遷宮」において、最も重要とされる「遷御」の儀が10月2日に内宮、同5日に外宮で、いずれも午後8時から営まれることが同神宮から発表されました。

遷御の儀とは、ご神体を旧御正宮から新御正宮に移す儀式のことです。


ご神体が新正宮に移された後、旧御正宮はいつ解体されるのでしょうか。
今回、内宮の旧御正宮はお引越しと共に解体される可能性があります。
また、5日にお引越しされる外宮の旧御正宮は、暫らく残される予定との事です。


● お伊勢参り 2013年9月

ホテルから見渡した早朝の伊勢志摩の山並み。きょうも快晴。
d0252916_1022759.jpg


辞書などでは「伊勢神宮」と紹介されていますが、今朝のTVニュースでも説明があった通り「神宮」が正式な名称です。嘘を平気で報道する罰あたりな日本のメディアですが、珍しく正しい報道ができました。

宇治橋鳥居の手前で、神宮の説明を確認します。
d0252916_11125941.jpg


五十鈴川にかけられた木造の宇治橋鳥居は、神宮の表玄関です。両端の鳥居には旧正宮の旧正殿棟持柱(むなもちばしら)をリサイクル使用しています。神宮の玄関はリサイクルのお手本と言えますね。
d0252916_10175239.jpg


雨が少ないからでしょうか。五十鈴川の水の流れが緩やかです。
d0252916_11132118.jpg



宇治橋を進むと広大な神苑となります。汗を拭きながら参拝者は皆静かに玉砂利を踏みしめて、黙々と正殿に向かいます。
d0252916_11244728.jpg


参道を一歩入るとそこは神聖な神宮の森。まさに神様の領域に入ったかのような厳かな気持ちになります。
d0252916_11245362.jpg



神宮はパワースポットとしても有名です。常緑樹が多く、木漏れ日が差して爽やかですね。参道に立つ大きな鉾杉。樹齢500年を超える杉もあるそうですよ。
d0252916_11434966.jpg

参道の脇に生育するクスの大木。
d0252916_11385943.jpg



遷御の儀に招待されたお客様のための屋外会場であると、説明を受けましたが、宮大工さん達は追い込みに入っています。
d0252916_1215028.jpg

汗びっしょりで木塀の下を切り揃える大工さん。横向きにノコギリを引くのはどれ程大変なことでしょうか。
d0252916_12221856.jpg



内宮の正殿を仰ぐと木漏れ日が眩しい程です。前日に参拝した外宮と比べても、内宮は大変な混雑です。
d0252916_1214259.jpg

d0252916_12155777.jpg


1日目の外宮での願い事は私的な事を、2日目の内宮では公的な事を願って下さい、と添乗員さんからアドバイスを受けました。本来ならば「世界平和」でしょうが、現在置かれている日本の状況から、「日本をお守りください」と、お願いして参りました。

内宮の構内にはニワトリが放し飼いとなっていて、こんな場所でマッタリしています。そこで一枚パチリ。

※ニワトリなどと失礼な事を書いてしまいました。正式には「神鶏」と言いまして、神聖な神宮に放されている鶏は神様の鶏と呼ぶのだそうです。三重にお住まいの方からコメントを戴きまして、この様な場所にいるのは珍しいと喜んでいただけました。
d0252916_12381189.jpg

d0252916_1246211.jpg


今回、神宮にご参拝できなかった皆さまへ。いつもご訪問ありがとうございます。
拙ブログでお参りシミュレーションをして頂いたならば、参拝したのと同じ御利益がありますようにと願っています。


**********************************************

ネットからお借りした新・旧正殿と、昭和4年神宮式年遷宮絵巻(部分)です。いよいよ今夜ご神体が新正宮(新居)に移られます。
d0252916_12304627.jpg

d0252916_1654916.jpg



関連エントリー
 【お伊勢参り】伊勢神宮は日本人の心のふるさと(外宮参拝) 9月11日

伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト

10月2日、午後6時から動画の配信があります。是非ご覧ください。

 遷御の儀 動画配信ページ  (2日6時までは予告の視聴となっています。)


 すべてはらい清め、いざ遷御伊勢神宮で「川原大祓」 

● 20年ごとに繰り返される壮大なよみがえりの物語
[PR]
by mamimami77772 | 2013-10-02 09:05 | 日本の技術や伝統文化

【大奉納祭】HEAVENESE公演at東京国際フォーラム

2013年9月28日



大和心を呼び覚ますソウルジャパニーズ

千古不易の音魂に耳を傾ければ

もっと日本が好きになる

HEAVENESE  大奉納祭

東京国際フォーラム ホールC


2013年 10月13日(日)

d0252916_23493570.jpg


2013 HEAVENESE 大奉納祭 
The Great Dedication 
~ Road to the City of Peace ~ 


会場東京国際フォーラム ホールC
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
代表電話 : 03-5221-9000
(開館時間09:00~17:00)
アクセス:こちらでご確認ください。

日時:2013年10月13日(日)
開場16:30 / 開演17:00 
チケット:S席5,000円 / A席4,000円 / 子供(小中高)3,000円※ 未就学児無料
問い合わせ:キョードー東京 tel 0570-550-799


【チケットは各種プレイガイドにて】

キョードー東京  CNプレイガイド  チケットぴあ  ローソンチケット イープラス


そして翌日10月14日(月・祝)は京都 松尾大社において奉納演奏がございます。
【松尾大社奉納演奏】
● 10月14日(月祝)京都松尾大社(まつのをたいしゃ) 奉納演奏
京都嵐山 松尾大社HPは こちら です。

d0252916_0354856.jpg



日米桜寄贈100周年
HEAVENESE Cherry Blossom Centennial Dedication & Concert.Tbn news.




"3N1 2012" in USA ~ HEAVENESE



HEAVENESE on TBN "Praise the Lord"



【関連過去記事】 
【ライヴ】 新井風味×HEAVENESE 繭 at 日本橋公会堂
【海の武士道】 日本人の宝 武士道精神を引き継ぐ by 恵 隆之介
【海の武士道】 夢のコラボat KICK BACK CAFE


東京国際フォーラム公演 PV もっと日本が好きになる



日本精神こそ世界を救う! 10月13日は是非 東京国際フォーラムでお会いしましょう。
[PR]
by mamimami77772 | 2013-09-28 00:06 | 日本の技術や伝統文化

【お伊勢参り】伊勢神宮は日本人の心のふるさと(外宮参拝)

2013年9月17日


このたびの台風18号で大きな被害を受けられた皆さまに、心からお見舞いとお悔やみを申し上げます。被害の大きかった京都は好きな都市の一つです。今後も旅行、物産購入などで被災地を応援して参ります。


d0252916_039733.jpg


2013年は、日本人にとって最も大切な伊勢神宮の「式年遷宮」(しきねんせんぐう)の年にあたります。今年は第62回の式年遷宮となっています。

中心的な儀式となる遷御(せんぎょ)の儀は、内宮が10月2日、外宮が5日です。天皇陛下が日時をお定めになるしきたりで、2月25日に発表されています。


20年に一度、伊勢神宮の正殿を新造して宮を遷すこの行事は、大化の改新を成し遂げた天智天皇(中大兄皇子)の弟の天武天皇により飛鳥時代に定められ、690年、持統天皇の御代に第1回が行われました。

それ以来、戦国時代の一時の中断を除いて、1300年以上にわたり受け継がれて来たお祭りであり、神宮にとって永遠性を実現する大いなる営みでもあります。


外宮(豊受大神宮 とようけだいじんぐう)の正面に向かう時、そして内宮(皇大神宮 こうたいじんぐう)で参拝中、本当に不思議なことが2度続きました。
お伊勢様をお参りすると不思議なことが起きる、とよく言われます。これが偶然であってもそうでなくとも、この体験をしてからは、今まで以上に正直に生きて行こうと心に誓った次第です。


表参道火除橋から第一鳥居を望みます。
d0252916_045119.jpg


第一鳥居の前で気持ちを新たにして、お参りにうかがえた幸せに感謝。
d0252916_8155518.jpg


砂利を踏む足音と、せみ時雨が聞こえるだけの静かな世界に包まれ、自ずと無心になります。
d0252916_8262044.jpg


写真を撮るのはここまでです。左隣の御敷地では、宮大工の方々が新居となる「社殿」の完成に向けて、急ピッチで仕事中でした。
d0252916_840723.jpg

d0252916_001414.jpg


●伊勢神宮参拝は、9月中が最も良いと言われる理由。 関連サイトは  こちら で。

この様な理由で、
内宮の遷宮(お引越し)が10月2日、外宮が10月5日ですので、9月中は間違いなく新旧両方のお宮を見させていただくことが出来るわけです。

外宮の参拝を済ませて、風宮(風の神様をおまつりする別宮)、土宮(大土乃御祖神・おおつちみのおやのかみをお祀りする別宮)に向かいます。
d0252916_0353633.jpg


正宮前の池の横の亀石を過ぎると左手に風宮右手に土宮が祀られ、正面の石段を更に登りますと丘の上に多賀宮(外宮の第一別宮)が鎮座されています。
※山頂にあるので高宮(たかのみや)であったが、縁起のよい字を当て多賀宮(たかのみや)になったと考えられています。
d0252916_0383710.jpg


何百年と外宮を見守ってきたであろう大樹。
d0252916_0395061.jpg


せんぐう館の敷地内にある 外宮勾玉池  (ゲクウマガタマイケ) と舞台です。
d0252916_052691.jpg


d0252916_052275.jpg


ゆっくりお参りが出来て本当に幸せな一日でした。明日は内宮にお参りいたします。

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮) http://www.isejingu.or.jp/arukikata/geku-index.html
[PR]
by mamimami77772 | 2013-09-17 00:46 | 日本の技術や伝統文化