<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【ベトナム】戦争の傷跡と日本のODAに感謝を忘れない国民

2014年5月15日

ベトナムでは、中国による南シナ海での石油掘削活動に対する抗議デモが発生し、南部の工業団地では、外国企業の工場が放火され、20人以上の死者が出たと報道されています。

2012年11月にベトナムの友人が反中デモの写真を送ってくれたので、その時に書いたブログ記事を再掲しました。当時のデモの写真には笑顔の参加者も見られ、この頃はまだ余裕が感じられます。

以下は2012年11月に載せた内容の再掲です。


****************************************************

<2012年11月22日>

【ベトナム】戦争の傷跡と日本のODAに感謝を忘れない国民



ベトナムのホーチミン市内からバイクで1時間ほどの「BINH TAN」という田舎に住んでいる友人とメールのやり取りをしています。


日本と同じく、中国との間に領有権問題(領土侵略問題)を抱えているベトナムですが、中国が巨大な軍事力をもった今では、かつて中越戦争の時に中国を追い払ったようには簡単に行きません。
写真は(2012年)友人テュイ(THUYさん)が送ってくれたものです。中国軍を警戒監視しているベトナム海軍兵士。 2枚目は南沙諸島の侵略に抗議するベトナム市民のデモの記事です。
d0252916_23295269.jpg


d0252916_23301272.jpg


ベトナム戦争は第二次インドシナ戦争とも言われ1960年12月 から1975年4月30日まで、なんと15年間もの長い戦争となりました。 その4年後、1979年に北ベトナムに侵攻した中国軍は、ベトナム戦争で実戦経験を積み、装備にも優れたベトナム軍相手に多大な損害を出し、わずか1か月足らずで撤退に追い込まれました。

この中越戦争では両国とも勝利を宣言していますが、実際はベトナムが中国を追い出して終決となっています。

フランス、米国、中国と、大きな国相手に3回も戦争を経験したベトナムは長い戦争で国が疲弊して、国民の生活が向上してきたのはごく最近だと感じます。今でも田舎に行けば、バナナの葉やヤシの皮を使った家が見られますし、はだしで生活している人たちも珍しくありません。


その一方で高速道路日本のODAによって次々と計画され、信号が無いために起きるバイクの渋滞も徐々に改善されているようです。1年前と比べると道路がとても綺麗になっていて、驚きました。

ベトナム戦争後、日本のODAによって「エビ」の養殖技術を指導されました。
枯れ葉剤による土地への影響のため、最初の2年間は失敗に終わりましたが3年目にようやく「エビ」の養殖が成功した、これは日本の技術者の根気強い指導のおかげだと彼女は言っていました。今ではベトナムの輸出産業の大きなパーセンテージを占めるものとなっています。


ベトナム人から聞いて初めて「エビ」の養殖技術高速道路の建設、その他多くの日本からの技術指導資金援助の話と共に、日本への感謝の気持ちを聞かされて、日本が世界のために役立っていることをうれしく思いました。

Wikiから 国道1A号線 (ベトナム)
d0252916_23332945.jpg




またベトナムと言えば私たち日本人が思い浮かべるのは ベトちゃんドクちゃん です。
友人の紹介でお会いしたドクさんです。
d0252916_23373553.jpg


事務所の女性とドクさん
d0252916_23382123.jpg


ベトさんとドクさんはホーチミンの病院で分離手術を受けましたが、この手術でも日本赤十字社が支援しています。 日本から医師団が派遣され高度な医療技術が提供されました。


私がドクさんとお会いした時も、「来週から大阪に行くんですよ」と、今でも日本の支援活動は続いているそうです。看護婦をされていた女性と結婚して男女の双子のお子さんも生まれ、幸せに暮らしていますが、「ドクさんの様な例は大変稀だ、彼は幸せだ」と友人は言っています。
現在でもドクさんの様なY字型結合双生児は年間、少なくとも30組は生まれていると言われています。

長い間の日本の援助もあって、ベトナムはとても親日国家です。そして何よりもその国民性は、とても日本人に近いものがあります。

中国との間に同じ領有権問題を抱えている日本ベトナム、そして世界一日本を好きな国フィリピンが互いに団結し、「三本の矢」のように強く結束してくれる日を待っています。

周りを見回せば、多くのアジア諸国は日本を応援し、「一緒にやりませんか?」と声をかけてくれています。次期政権に期待しています。
(この時にはまだ野田内閣でした。)
[PR]
by mamimami77772 | 2014-05-16 00:37 | 海外ニュースや海外の生活事情

【対馬】舟志の森づくり 「みどりの日」に表彰される

2014年5月14日



上対馬町舟志・「船志の森づくり推進委員会」が環境省から表彰されました。



d0252916_912693.jpg
2013年、美しい島・対馬にて


平成26年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰に、対馬市の舟志の森づくり推進委員会が選ばれました。

環境省自然環境の保全に関して顕著な功績のあった人や団体を表彰して讃えるとともに、自然環境保全について国民の認識を深めることを目的として、平成11年度から「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰を実施しています。平成26年度の授賞式は4月23日、新宿御苑にて行われました。
環境省 ホームページ http://www.env.go.jp/
環境省のHPから ツシマヤマネコの出産(繁殖の取組み)


************************************


●「舟志の森づくり」ってどんなことをしているの?

ーーー対馬の上対馬町舟志において、ツシマヤマネコをはじめとする生物に配慮した森づくりとして、地域の関係者が一体となって植樹、間伐、餌場となる湿地の整備に取り組んでいます。その活動をたどってみました。


ツシマヤマネコが住みやすい森づくりを行う「ツシマヤマネコ応援団」が、同モデル林の設置を検討していた。

その後、舟志地区にある「住友大阪セメント」の所有する林地を、同社(住友セメント)の協力を得てモデル林作りが始まった。

平成19年(2007年)2月、舟志地区とツシマヤマネコ応援団、住友大阪セメント、対馬市の4者で「舟志の森づくり推進協定」を締結、委員会が発足。

同委員会の役割分担

舟志地区:森林の管理
ツシマヤマネコ応援団:植樹苗作り、植樹祭などのイベント企画運営
住友大阪セメント(株):所有林の提供と活動資金の援助
対馬市:事務局としての連絡係


************************************

「住友大阪セメント」のホームページ には、2006年4月「ツシマヤマネコ保護のためのモデル林作りの申し出」から、2007年モデル林が「舟志の森」と名付けられ、2008年には舟志の森についにツシマヤマネコが現れる!までの活動のあゆみが報告されています。 

「住友大阪セメント」様から画像をお借りしました。
d0252916_158146.jpg
じっとこちらを見つめる、ちょっと不安げなツシマヤマネコちゃん。こちらの画像は、対馬野性生物保護センターホームページからお借りしました。
d0252916_1319146.jpg



関連サイト:
長崎県HPhttp://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/142269/

対馬野生生物保護センター とらやまの森
[PR]
by mamimami77772 | 2014-05-14 11:02 | 対馬へ行こう!キャンペーン

【転載】アフリカの大地で苦闘する大和撫子のナイジェリアレポート ⑦

2014年5月7日



2013年6月に横浜で「TICAD V(第5回アフリカ開発会議)」が開催されたことをきっかけに、日本企業の間でもアフリカ市場への注目度が高まっています。


「アフリカ最大の経済大国」として世界に売り込みをかけているナイジェリアですが、現地で暮らしている日本人女性によれば、「注目される新興国としてMINT(メキシコインドネシアナイジェリアトルコ)などと呼ぶエコノミストもいますが、とても鵜呑みにできない」とのことです。


そのナイジェリア北東部ボルノ州で女子生徒200人以上が武装集団に拉致されて行方不明になった事件で、イスラム過激派「ボコ・ハラム」のリーダーが、生徒たちを「奴隷として売り飛ばす」とする犯行声明を発表しました。きれいな空気と安全はただである、と考えている日本人にとっては、衝撃的なニュースです。



 ナイジェリアの女子生徒200人超を拉致 ボコ・ハラムが犯行声明「奴隷にして売り飛ばす


この記事は THE HUFFINGTON POST に掲載されています。http://www.huffingtonpost.jp/kaaru-ishino/nigeria_b_5210612.html

ここから転載___________________________________________


ナイジェリアへの投資を進めるむきがあるが、現地で暮らす日本人女性によればナイジェリアはお先真っ暗の国情のようだ。



「ナイジェリアがアフリカ最大の経済大国」は本当か?  投稿日: 2014年04月25日 16時36分



ナイジェリアは国内総生産(GDP)を再計算した結果、アフリカ最大の経済大国だと推計されていますが、ナイジェリア最大の都市ラゴスでは景気がいい実感はありません。

去年はネット接続・携帯電話の大手Starcommが廃業してモデムと携帯が使えなくなり、南アの洋服小売Woolworths がナイジェリアから撤退しました。
外国人が頼りにする南ア系スーパーShopriteにも以前のような車の渋滞がなく、客足が落ちているように見えます。でも、ナイジェリア7店舗でシャンパンのMoet & Chandonの売上げが南ア国内195店舗の合計より大きいのだそうです。


国民の大半は貧民とされていますから、一部のリッチな人達が大量に消費している訳です。法定最低賃金は18000ナイラ(10800円)ですが、裁判所の職員すらそれより少ないと言い、法廷に行くといつも小遣いをねだられています。


電力事情もさらに悪化しました。ラゴスで電気が来るのは一日平均1~2時間でしたが、一日に数分や数秒という日が多く、時々1週間以上停電しっぱなし

メーターもないのに、毎月3~5千円の請求書が来ます。
自家発電で半日程度の電気をまかなっていますが、維持費が毎月6万円かかっています。そんな金額が出せない庶民はランプ生活です。その上、ガソリンと灯油不足でガソリンスタンドは長蛇の列。燃料を確保するのも大変なのです。充電できないために、携帯が通じないという事態も起きています。


テロは日本で報道される以上の規模です。


イスラム過激派ボコ・ハラムの活動で、去年5月から北西部の一角だけ非常事態宣言が出ていますが、被害は広範囲に及んでいるのがまとめサイトで分かります。ボコ・ハラム以外にもイスラム系の傭兵が村々を襲撃しており、死者数十~200人という事件が頻度を増してきました。北部向けの出荷が激減して、テロの余波はラゴスにも及んでいます。

写真はバイクや船外機、発電機などのディーラーが集まる地域ですが、閑散として空き店舗が目立ちます。今月行った証券会社には、顧客が他にいませんでした。景気のいい頃はぎっしり人がいたのに...。
d0252916_22203865.jpg


そもそも、人口がアフリカ最大とされますが、実際の数字は把握されていません

首都アブジャの北隣カドゥナ州で日本人が政府に確かめた所、「人口も世帯数も全く分からない。選挙前には近隣の国から申請があり、人口が1.5倍に増える」とのこと。

人口の過半を占めるとされる北部イスラム圏は「家畜まで数えている」と揶揄されているのです。

最大の人口が密集して経済の中心であるラゴス州も、実際の人口ははっきりしません。2006年の国勢調査で911万人という結果が出たのを、州政府は当時1760万人だったとして最高裁まで争い、2013年になってラゴス州が勝訴しました。
こんな実態を見聞きしていると、ナイジェリアがアフリカの投資先として日本で注目されていることに違和感を持ってしまうのです。

転載ここまで______________________________________

アフリカへ進出を考えていらっしゃる日本の経営者の皆様
どうぞ軽はずみに冒険をなさらないでください。外国への企業進出は慎重に。
アフリカから撤退するのは、中国や韓国から撤退する以上に厳しいと思います。

日本の企業は国内回帰へ!
修学旅行ももちろん国内へ!
[PR]
by mamimami77772 | 2014-05-07 22:34 | 海外ニュースや海外の生活事情