「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アフリカの大地で苦闘する日本人女性のナイジェリアレポート ⑧

2014年8月17日(日)


★ 日本政府は、ナイジェリア連邦共和国における女子生徒集団拉致事案に対応するための緊急無償資金協力の実施を決定しました。
外務省http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000939.html


ナイジェリアと聞いても少し前までは、特別思い浮かべるものが無い遠い国でしたが、日本人女性の記事を転載するようになってからは少しづつではありますが、そのお国柄が分かるようになってきました。今回の投稿内容を見ると心配になってしまいますが、日本政府の緊急無償支援金が間違った方向に使われない事を願います。

海外の悲惨なニュースを見るにつけて思うのですが、日本に生まれ育った事はそれだけで、どれ程幸運なことでしょうか。日本は安全な生活が当たり前の、世界でも指折りの生活しやすい国だと思います。

投稿者の日本人女性は、現在さまざまなトラブルに巻き込まれながらも、現地ナイジェリアから情報を発信し、本当の姿を知ってもらおうと記事の投稿を続けておられます。エボラ出血熱のニュースを見るたびに彼女のことが気になります。ご家族の健康を祈るばかりです。


※NATIONAL GEOGRAPHIC 国と人: http://www.nationalgeographic.co.jp/places/places_countryprofile.php?COUNTRY_ID=38
ナイジェリアのこの母と子どもにとって、小麦の脱穀作業は家事の1つである。
d0252916_2042411.jpg



※ナイジェリア大都市の病院でエボラ死者、感染拡大を懸念
http://www.cnn.co.jp/world/35051421.html
(CNN) ナイジェリアの最大都市ラゴスの病院で、エボラ出血熱の感染が確認された患者が死亡したことが27日までに分かった。これまでに患者が確認されたギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国以外への感染拡大が懸念されている。
d0252916_20505236.jpg



※25日、ナイジェリア(旧首都:ラゴス)の病院で隔離されていたリベリア人がエボラ出血熱で死亡した。今年1月から流行し始めた西アフリカでは、エボラによる死者が出たのはこれで4カ国目になる。
http://lightrend.com/heavy/post-3250/
d0252916_21223860.jpg


転載はここから_______________________________________

★ THE HUFFINGTON POST
http://www.huffingtonpost.jp/kaaru-ishino/resale_b_5636514.html?utm_hp_ref=japan-world
ナイジェリア関連の記事 ナイジェリアテロ http://www.huffingtonpost.jp/news/naijeria-tero/



知事の不正が激しいナイジェリアの州で、職員が日本の援助物資を転売
 投稿日: 2014年07月31日

イスラム過激派ボコ・ハラムのテロでナイジェリア北東部3州に非常事態宣言が出ているのですが、その中のアダマワ州では知事の不正がひどく、州議会から弾劾されて逃走中です。
d0252916_21582547.jpg

プライベートジェット内の知事と愛人。news2.onlinenigeria.comより。


4人いる知事夫人の一人がラゴスの連邦高等裁判所で判事をしており、窃盗で告訴した通関業者が警察と当方を人権侵害で訴えた裁判で、当時のレートで30万円払えという判決を出しました。
警察の拘留手続きに違反はなかったのに人権侵害だとし、告訴した私達にも責任があるとされたのです。

その州知事が問われている容疑の一部は:
2012年と13年で予算の承認なく29億円と43億円を浪費。
銀行から管轄当局の許可なく258億円を州に融資させた。
ある建設プロジェクトで1億8千万円払ったのに何も実行されなかった。
知事夫人の一人が関係する建設会社に48億円の詐欺的な発注をした。

最後の「知事夫人が関係する建設会社」は、私達が首都アブジャに買った家を、警察に告訴するまで8年も引き渡さなかった元下院議員の会社でした。勝手に賃貸して稼いでおり、引き渡すまいと放火。警察の仲介でしぶしぶ再建、引き渡しとなりましたが、2年半経った今も賃貸できないよう妨害し続けています。

離れた場所で起きた災難の登場人物がつながっていたのを発見して、ラゴスに潜伏しているかもしれないという知事の行方を追っていると、日本に言及した記事を見つけました。

日本政府が州都の水道プロジェクトに寄付した大型配水管が州外に転売され、ポンプ場で使う発電機2つは水資源局長の自宅と所有するホテルに設置されたというのです。腐敗のひどい国では個別のプロジェクトに寄付しても、担当者が流用してしまうのでした。

知事の不正は任期満了を待って追及されることが多いのですが、現在、別の州でも知事が180億円の不正で弾劾手続き中です。行き過ぎた州財政の私物化が、少しは是正されるのかもしれません。

ナイジェリアは有数の産油国ですが、石油収入の恩恵が庶民に及ばず、衛生的な水が手に入らず電気も来ない村、青空の下や壊れた校舎で学ぶ生徒が大勢います。苦しんでいる人が助けを求めてくれば助けたいと思いますし、実際、何人かナイジェリアの親戚・知人に学費や治療費、生業資金を援助しました。

ただ、こんな記事を立て続けに見ると、日本の寄付で浮いた分、一握りの人がさらに潤っているのではないかと疑念が湧いてしまうのです。

2013年1月、北部のカノ州に日本政府が300以上の校舎を寄付。
http://www.punchng.com/news/kano-receives-school-donation-in-abuja-over-insecurity/
同年8月、カノ州が北隣の国ニジェールにバイリンガル校を作り、生徒101人のフランス語学習に6億円支出。
http://www.dailytimes.com.ng/article/kano-spends-n1bn-school-sponsors-101-students-niger-republic

転載ここまで_________________________________________________

信頼できる人、信頼できる国、信頼できる政府、 信頼と言う言葉には重みがあります。

3年数か月の民主党政権時代を経験した我々日本人は、信頼できる安倍政権がどれほど国民に安心感を与えているかを、誰もが理解しているのではないでしょうか。

もしかしたら多少の遠回りもあるかもしれません。しかし安倍政権は間違いなく日本を良い方向に向かわせてくれていると私は思っています。

[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-17 21:34 | 海外ニュースや海外の生活事情

懐かしい日本の面影 神田明神鳥居横「天野屋」の続き

2014年8月7日(水)


懐かしい日本の面影 

海外から輸入された珍しい生活用品や食品は、私たち日本人にはとても新鮮で魅力的です。
一方、日本の四季に合わせて工夫された、昔ながらの生活用品は、新鮮さこそありませんがそこには驚くような工夫が隠されていることがあります。

昔の人は、見た目の涼しさもあれこれ工夫して、暑い夏を乗り切っていたようです。


一つ前のエントリーで夏の甘酒について「江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました」とあります。天秤棒とは何だろう?という事ですが、下の金魚売のおじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒です。
ベトナムラオスに行きますと、野菜や果物を山のように盛り込んだ2つのかごを天秤棒の両端に吊るして、女性が行商している姿を見ることができます。

Wikiから転載 画像と解説
天秤棒を担いで野菜を運ぶ行商人
ベトナムの首都ハノイにて2003年に撮影されたものであるが、250年ほど前の日本の江戸で描かれた絵と基本的な違いは見られない。
d0252916_021146.jpg



「美しき日本の面影」に金魚売の写真がありましたのでお借りしました。おじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒金魚も夏の季語です。こちらは着色写真です。
d0252916_21325050.jpg




「美しき日本の面影」の解説から__________________

幕末に日本が開国し、訪れた外国人達がみな驚嘆したのは、日本の風景の信じられない程の「美しさ」」でした。

それらの中には、今は見ることが叶わないものがありますが、幸いなことに、当時撮影された写真が残っております。それら19世紀に撮影された写真をここでご紹介します。

なお、「着色写真」(「彩色写真」、また横浜で外国人への土産物として売られたので「横浜写真」ともいう)というのは、現在のようなカラーフィルムを使用したものではなくて、写真師が後に手作業で一つ一つ着色して、作成したものです。

_______________________________________________

おはじきをする可愛い女の子の写真です。
上の子供たちが弟や妹の子守りをするのが当たり前の時代でした。何と可愛く、いじらしい写真でしょうか。
d0252916_21404764.jpg


笑顔の農家の若い女性。とても100年以上前の写真とは思えません。(解説から引用)
d0252916_21412290.jpg


私達日本人は、便利さと値段の安さばかりを求めているうちに、食の安全生産者に対する信頼がどれほど大切かを忘れてしまったような気がします。
最近話題の中国食品の危険性は、私たちが忘れかけていた信頼できる日本の農業に目を向けるきっかけを作ってくれました。


昨年、対馬の農業が受賞した際に、お祝辞の中で東京農業大学名誉教授・前学長の 進士 五十八さんが、「 農業は日本そのものであり、農業こそが日本人の命である 」とおっしゃった言葉は、日本の農家への激励でもあります。日本の農業は品質、安全性においても世界一ですね。

【祝】対馬の農業・受賞のご報告
http://kawaiimog.exblog.jp/20205067/

対馬をよろしくお願いします。
d0252916_1231029.jpg

[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-04 08:43 | 日本の技術や伝統文化

神田明神鳥居横の「天野屋」

2014年8月3日(日)


予想では冷夏だったはずですが、今年の暑さは特別です。
食欲がないとか、飲み物ばかり飲んじゃって、という方も多いと思いますが、残念なことに私は夏でも食欲もりもりです。一度でいいから夏痩せと言うのを経験してみたいです。

8月1日の読売新聞夕刊に、神田明神の鳥居横にある「天野屋」さんの記事が出ていましたので、転載します。季節感たっぷりの、しみじみする良い記事だと思いました。

神田明神脇 天野屋 http://www.amanoya.jp/
d0252916_19555296.jpg


季節はずれの写真ですが、こちらは新年に神田明神に参拝した時の明神様(随神門)と、
d0252916_2021866.jpg


紅梅が趣を添えている夕暮れの天野屋さんの喫茶店です。
d0252916_2042534.jpg


【新春】新年を迎えた神田明神界隈
http://kawaiimog.exblog.jp/20246633/

日本語文化の特徴は数えきれないほどたくさんありますが、俳句で季節と結びついて、その季節を表す「季語」は特に美しい言葉だと感じます。季節を優雅に 美しく表してくれる言葉ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   季節のことば検定 読売新聞 8月1日夕刊から


Q 次の「甘」の付く言葉の内、俳句の夏の季語はどれでしょうか?

① 甘橙
② 甘干
③ 甘酒
④ 甘茶

A 正解は③ の甘酒です。 柔らかく炊いた飯か粥(かゆ)に米麹を加え、一晩ほど発酵させて作ります。
江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました。江戸中期の俳人(嘴山 スイザン)に「あまざけや 舌やかれける 君が顔」という句があり、夏でも熱々の甘酒を飲んでいたようです。
①の甘橙はネーブルで「春」の季語
②の甘干は干し柿の事で秋の季語
④の甘茶は(お釈迦様の)花祭りの時に誕生仏にかけますが、これも春の季語です。

甘酒の成分は、今の病院で用いる栄養点滴とほぼ同じ。庶民の夏バテを防ぐ、栄養ドリンクだったといえるでしょう。酒という名がつきながら、アルコール成分はほとんどありません。

現代では寒い季節に飲むのが一般的な甘酒。
初詣に行き、紙コップの甘酒で体を温めた記憶のある方も多いのでは。
東京の神田明神の鳥居脇では、江戸時代から続く甘酒の老舗・天野屋が人目を引きます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甘酒は夏(7月)の季語です。江戸時代の人は、夏の暑いときに熱い甘酒をふうふうと吹きながら飲んで、 夏バテを防いだようです。


天野屋さんの若女将が亡くなって一年半になります。
まだ50歳代半ばの若さであり、嫁いでからは「老舗・天野屋」の店頭を一人で切り盛りしていた美しい女性でした。彼女が家族と社員全員の食事を、毎日3食作りますので、買い物の食材の量は半端ではありません。近所の八百屋さんなどで買い物している姿を見ただけでも、老舗を守ることの大変さを痛感しました。

天野屋さんに行けば、今でもあのにこやかな笑顔で ”元気にしてる?”と言いながら、てきぱきと接客する姿が見れそうな気がしてなりません。
[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-03 21:12 | 日本の技術や伝統文化

暑中お見舞い申し上げます。

2014年8月2日(土)


 暑中お見舞い申し上げます。


d0252916_235526.jpg


大変ご無沙汰しております。
2か月以上もブログをお休みしてしまいました。

身内のものが入院したり、退院後の世話が慣れないために色々と大変な2か月でしたが、お陰さまでようやく以前の生活に戻ることができました。

その間に、ご心配いただいてコメントを下さった方もいらして、私は本当にうれしくて何よりの励みとなりました。ここにお礼を申し上げます。

下手なブログですが、明るい話題と写真で少しでも楽しんで頂けますように、今後も頑張りますのでよろしくお願いします。


昨年初めて行った、沖縄の美ら海水族館の涼しげな画像です。

美ら海水族館の水槽は、世界に誇る日プラの製品。
[ NIPPURA ]
http://www.nippura.com/index.html

d0252916_0233463.jpg


d0252916_0235649.jpg


d0252916_0242013.jpg



一度は行きたい!世界最大の水槽を持つドバイの水族館 [Dubai aquarium]
http://matome.naver.jp/odai/2136660758383788001


ドバイの水族館の水槽も、もちろん日プラ製品です。

d0252916_031990.jpg



これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mamimami77772 | 2014-08-02 23:35 | 日本の技術や伝統文化