懐かしい日本の面影 神田明神鳥居横「天野屋」の続き

2014年8月7日(水)


懐かしい日本の面影 

海外から輸入された珍しい生活用品や食品は、私たち日本人にはとても新鮮で魅力的です。
一方、日本の四季に合わせて工夫された、昔ながらの生活用品は、新鮮さこそありませんがそこには驚くような工夫が隠されていることがあります。

昔の人は、見た目の涼しさもあれこれ工夫して、暑い夏を乗り切っていたようです。


一つ前のエントリーで夏の甘酒について「江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました」とあります。天秤棒とは何だろう?という事ですが、下の金魚売のおじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒です。
ベトナムラオスに行きますと、野菜や果物を山のように盛り込んだ2つのかごを天秤棒の両端に吊るして、女性が行商している姿を見ることができます。

Wikiから転載 画像と解説
天秤棒を担いで野菜を運ぶ行商人
ベトナムの首都ハノイにて2003年に撮影されたものであるが、250年ほど前の日本の江戸で描かれた絵と基本的な違いは見られない。
d0252916_021146.jpg



「美しき日本の面影」に金魚売の写真がありましたのでお借りしました。おじさんの後ろに立てかけてあるのが天秤棒金魚も夏の季語です。こちらは着色写真です。
d0252916_21325050.jpg




「美しき日本の面影」の解説から__________________

幕末に日本が開国し、訪れた外国人達がみな驚嘆したのは、日本の風景の信じられない程の「美しさ」」でした。

それらの中には、今は見ることが叶わないものがありますが、幸いなことに、当時撮影された写真が残っております。それら19世紀に撮影された写真をここでご紹介します。

なお、「着色写真」(「彩色写真」、また横浜で外国人への土産物として売られたので「横浜写真」ともいう)というのは、現在のようなカラーフィルムを使用したものではなくて、写真師が後に手作業で一つ一つ着色して、作成したものです。

_______________________________________________

おはじきをする可愛い女の子の写真です。
上の子供たちが弟や妹の子守りをするのが当たり前の時代でした。何と可愛く、いじらしい写真でしょうか。
d0252916_21404764.jpg


笑顔の農家の若い女性。とても100年以上前の写真とは思えません。(解説から引用)
d0252916_21412290.jpg


私達日本人は、便利さと値段の安さばかりを求めているうちに、食の安全生産者に対する信頼がどれほど大切かを忘れてしまったような気がします。
最近話題の中国食品の危険性は、私たちが忘れかけていた信頼できる日本の農業に目を向けるきっかけを作ってくれました。


昨年、対馬の農業が受賞した際に、お祝辞の中で東京農業大学名誉教授・前学長の 進士 五十八さんが、「 農業は日本そのものであり、農業こそが日本人の命である 」とおっしゃった言葉は、日本の農家への激励でもあります。日本の農業は品質、安全性においても世界一ですね。

【祝】対馬の農業・受賞のご報告
http://kawaiimog.exblog.jp/20205067/

対馬をよろしくお願いします。
d0252916_1231029.jpg

[PR]
# by mamimami77772 | 2014-08-04 08:43 | 日本の技術や伝統文化

神田明神鳥居横の「天野屋」

2014年8月3日(日)


予想では冷夏だったはずですが、今年の暑さは特別です。
食欲がないとか、飲み物ばかり飲んじゃって、という方も多いと思いますが、残念なことに私は夏でも食欲もりもりです。一度でいいから夏痩せと言うのを経験してみたいです。

8月1日の読売新聞夕刊に、神田明神の鳥居横にある「天野屋」さんの記事が出ていましたので、転載します。季節感たっぷりの、しみじみする良い記事だと思いました。

神田明神脇 天野屋 http://www.amanoya.jp/
d0252916_19555296.jpg


季節はずれの写真ですが、こちらは新年に神田明神に参拝した時の明神様(随神門)と、
d0252916_2021866.jpg


紅梅が趣を添えている夕暮れの天野屋さんの喫茶店です。
d0252916_2042534.jpg


【新春】新年を迎えた神田明神界隈
http://kawaiimog.exblog.jp/20246633/

日本語文化の特徴は数えきれないほどたくさんありますが、俳句で季節と結びついて、その季節を表す「季語」は特に美しい言葉だと感じます。季節を優雅に 美しく表してくれる言葉ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   季節のことば検定 読売新聞 8月1日夕刊から


Q 次の「甘」の付く言葉の内、俳句の夏の季語はどれでしょうか?

① 甘橙
② 甘干
③ 甘酒
④ 甘茶

A 正解は③ の甘酒です。 柔らかく炊いた飯か粥(かゆ)に米麹を加え、一晩ほど発酵させて作ります。
江戸時代、釜を据えた箱を天秤棒にかけて売り歩くのが、夏の風物詩となっていました。江戸中期の俳人(嘴山 スイザン)に「あまざけや 舌やかれける 君が顔」という句があり、夏でも熱々の甘酒を飲んでいたようです。
①の甘橙はネーブルで「春」の季語
②の甘干は干し柿の事で秋の季語
④の甘茶は(お釈迦様の)花祭りの時に誕生仏にかけますが、これも春の季語です。

甘酒の成分は、今の病院で用いる栄養点滴とほぼ同じ。庶民の夏バテを防ぐ、栄養ドリンクだったといえるでしょう。酒という名がつきながら、アルコール成分はほとんどありません。

現代では寒い季節に飲むのが一般的な甘酒。
初詣に行き、紙コップの甘酒で体を温めた記憶のある方も多いのでは。
東京の神田明神の鳥居脇では、江戸時代から続く甘酒の老舗・天野屋が人目を引きます。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甘酒は夏(7月)の季語です。江戸時代の人は、夏の暑いときに熱い甘酒をふうふうと吹きながら飲んで、 夏バテを防いだようです。


天野屋さんの若女将が亡くなって一年半になります。
まだ50歳代半ばの若さであり、嫁いでからは「老舗・天野屋」の店頭を一人で切り盛りしていた美しい女性でした。彼女が家族と社員全員の食事を、毎日3食作りますので、買い物の食材の量は半端ではありません。近所の八百屋さんなどで買い物している姿を見ただけでも、老舗を守ることの大変さを痛感しました。

天野屋さんに行けば、今でもあのにこやかな笑顔で ”元気にしてる?”と言いながら、てきぱきと接客する姿が見れそうな気がしてなりません。
[PR]
# by mamimami77772 | 2014-08-03 21:12 | 日本の技術や伝統文化

暑中お見舞い申し上げます。

2014年8月2日(土)


 暑中お見舞い申し上げます。


d0252916_235526.jpg


大変ご無沙汰しております。
2か月以上もブログをお休みしてしまいました。

身内のものが入院したり、退院後の世話が慣れないために色々と大変な2か月でしたが、お陰さまでようやく以前の生活に戻ることができました。

その間に、ご心配いただいてコメントを下さった方もいらして、私は本当にうれしくて何よりの励みとなりました。ここにお礼を申し上げます。

下手なブログですが、明るい話題と写真で少しでも楽しんで頂けますように、今後も頑張りますのでよろしくお願いします。


昨年初めて行った、沖縄の美ら海水族館の涼しげな画像です。

美ら海水族館の水槽は、世界に誇る日プラの製品。
[ NIPPURA ]
http://www.nippura.com/index.html

d0252916_0233463.jpg


d0252916_0235649.jpg


d0252916_0242013.jpg



一度は行きたい!世界最大の水槽を持つドバイの水族館 [Dubai aquarium]
http://matome.naver.jp/odai/2136660758383788001


ドバイの水族館の水槽も、もちろん日プラ製品です。

d0252916_031990.jpg



これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by mamimami77772 | 2014-08-02 23:35 | 日本の技術や伝統文化